地上波放送を見るにはどうしたらいいの?

  • ホーム
  • 地上波放送を見るにはどうしたらいいの?

ケーブルテレビをご利用のご家庭では、地デジ対応の受信機器を準備いただくと、地上波放送をご覧いただけます。
(地上波放送はパススルー方式で放送しております。)

※ご覧いただけない場合は宅内設備の改修工事が必要になります。詳しくはアイ・シー・シーかお近くの代理店へご相談ください。

お問い合わせ先(フリーコール:0120-993-138)

ネット端末は常時通電仕様になっていますので、基本的に電源は切らないでください。
ただし、落雷の恐れがあるときは、機器の故障を防ぐためにネット端末の電源コンセントを抜いていただくことをお勧めします。
(あわせてパソコン等の電源コンセントを抜くことをお勧めします。)

アイ・シー・シーまでお問い合わせください。

■解約当月の月額利用料は請求対象となります。

ケーブルプラス電話

  • 解約当月の利用料は、日割計算でのご請求となります。

ケーブルライン

  • 解約当月の利用料は、月途中でのご解約でも1か月分の月額利用料が発生します。

※いずれの回線も、オプションサービスの利用料に日割計算はありません。
※ICCより提供した電話番号は他の回線へ移行することはできません、

お問い合わせ先(フリーコール:0120-993-138)

オプションサービス(発信番号表示)をお申込みいただくことでご利用いただけます。
(発信番号表示対応の電話機が必要となります。)

NTT加入電話からの切り替えの場合は、NTT西日本の回線は解約または休止となります。

NTT加入電話の番号を継続して利用される場合は、ICC電話申込み時に、ICCが解約または休止手続きを代行させていただきます。
現在、電話加入権をお持ちの場合は休止、お持ちでない場合(「加入電話・ライトプラン」をご契約の場合など)は、解約の手続きを代行させていただきます(お客さまから解約、または休止手続きをお申込みいただく必要はありません)。

NTT加入電話の番号を継続して利用されない(または継続できない)場合は、お客さま自身でNTT西日本に休止、または解約のお手続きをしていただく必要があります。

<ご注意>
電話加入権の休止に関しては以下の点にご注意ください。

  • 休止費用として休止工事費3,300円(税込)が別途NTT西日本より請求されます。
  • NTT西日本より休止連絡票がお客さまに送付されます。休止連絡票は、再度NTT西日本をご利用される場合に必要となりますので、大切に保管してください。
  • NTT西日本加入電話の利用休止期間は原則5年です。ただし、お客さまのNTT西日本への申告により6年目以降の延長が可能です。延長を行なわない場合は権利が失効となる場合がありますので、ご注意ください。詳しくはNTT西日本にお問い合わせください。

1年間のメーカー保証となります。
保証期間内の故障につきましてはメーカーにお問い合わせください。
オプションサービス(端末延長保証)をご用意しております。

メリット

  • データ通信や通話が少ない方は月額利用料を節約できます。
  • ドコモの通信エリアを利用したサービスで、安心かつ全国エリアでご利用いただけます。
  • アプリも使えます。(※キャリア独自のアプリは動作しません)

デメリット

  • キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@i.softbank.jpなど)や、各種割引サービス、通話定額プランなど、大手通信キャリアのショップのようなサポートが受けられなくなります。
  • 無料通話や家族割など、通話料を割り引きするサービスはございません。

お申込書がアイ・シーシーに到着してから工事までは通常、2~3ヶ月程度です。
ただし、お住まいの場所によっては変動しますので、詳しくは、アイ・シー・シーまでお問い合わせください。

風通しのよい場所に設置してください。また、ネット端末の上にものを置かないようお願いします。

ケーブルプラス電話

通話明細はインターネット上からご確認いただけます。
なお、ご希望の方に月額110円(税込)で紙面による通話明細を提供いたします。

※通話明細書はKDDIからお客さま(契約者)に直接送付します。
※通話明細内の通話料金は課金目安であり、実際の請求とは異なります。My auよりお申込みください。

ケーブルライン

通話明細はインターネット上からご確認いただけます。
なお、紙面での発行はありません。

デジタル番組表
新築・引越し予定のお客様へ
ICCアプリ
ICCデータ復旧サービス
SDGsへの取り組み
緊急地震速報システム
体験・イベント
けーぶるGIRLS